当サイトでは記事内に広告を含む場合があります。

焚き火ができない!初心者が簡単に火おこしをするのに必要な道具は、結局これだけで大丈夫。

焚き火道具アイキャッチ 初心者アイテム

そもそも、ソロキャンプ初心者が焚き火をするのに必要な道具って何??

 

結局、なにがあれば焚き火はできるの??

 

ソロキャンプの醍醐味のひとつである「焚き火時間」で、ゆれる炎を眺めてまったりお酒を飲みたいですよね。

ですが、ソロキャンプ初心者が焚き火を始めようとした時、何が必要かわからないという相談をよくうけます。

 

実際、ソロキャンプで焚き火初心者が、道具不足の為にキャンプ場で焚き火が出来なかったという事はよくありますよ。

 

この記事では、私の経験を踏まえて、ソロキャンプ初心者が焚き火を始めるのに最低限必要な持ち物についてご紹介します。

とりあえず最低限これだけあれば、ソロキャンプの醍醐味のひとつである「焚き火時間」を楽しむ事ができます。

焚き火初心者が最低限必要な道具はこちら
  • 焚き火台
  • 焚き火台シート
  • 火ばさみ
  • 着火剤
  • 2種類の薪
  • 火消壺

ソロキャンプで焚き火初心者が本当に必要な持ち物6選

 

結局のところ、この6つのアイテムががあれば大丈夫ですよ。

楽しく焚き火ができます。

 

ソロキャンプで焚き火初心者が、とりあえず最低限これだけを揃えておけば、ソロキャンプの醍醐味のひとつである「焚き火時間」を楽しむ事ができます。

そんな最低限の持ち物6アイテムを紹介します。

アイテム1:焚き火台

焚き火台

多くのキャンプ場では、直火での焚き火を禁止していますので、焚き火台は必須のアイテムになります。

禁止の理由としては、芝生を焼いてしまったり、火災などの危険性があるからになります。

 

直火が可能なキャンプ場もありますので、キャンプに行く前に確認しよう。

 

 

焚き火台は、多くのアウトドアブランドから数多くの焚き火台が発売されています。

自分のキャンプスタイルにあった焚き火台を選ぶと同時に、焚き火台はキャンパーのこだわりを追求するアイテムの一つでもあります。

アイテム2:焚き火台シート

焚き火台シートは焚き火台の下に敷く不燃素材のシートになります。

焚き火台からの熱から地面を守るために使用します。

焚き火台シート必須のキャンプ場も多くなってきています。

100均でも購入できますので、焚き火台と一緒に収納しておきましょう。

アイテム3:火ばさみ

火ばさみは、火が付いた薪を移動させたり、新しい薪をくべたりするときに使用します。

後でも紹介します火消壺に火のついた薪を入れる際に必要になります。

アイテム4:着火剤

ファイヤーライター

よくキャンプ動画などでは、火種を作るには、まつぼっくりや油分を含んだ小枝や薪でフェザースティックを作りますが、ソロキャンプ初心者には「着火剤」を使用する事をおすすめします。

 

小枝などは、水分を含んでいて火が着きにくいことがありますよ。

煙ばっかりで、いつになっても火が付かないってことも。

 

火をつけるのに時間をかけすぎると、焚き火時間を満喫できなくなります。

焚き火に慣れるまで、まずは着火剤をつかってサクッと火を起こして焚き火時間の魅力をあじわってみましょう。

着火剤は基本的に3種類あります。
  • 固形タイプ
  • チューブタイプ
  • ジェルタイプ

 

おすすめは固形タイプの「ファイヤーライターズ」です。

マッチのように箱の横で擦る事で着火できます。

マッチやライターを忘れても心配ありませんよ。

燃焼時間は、約8分〜12分になりますので、細い針葉樹に混ぜておくと効率よく火起こしができます。

アイテム5:2種類の薪

薪を2種類用意する事で、火起こしが何倍も楽ちんになります。

薪となる木には針葉樹と広葉樹の2種類があります。

この2種類をうまく組み合わせて使っていく事で一気に火起こしのハードルが下がります。

  • 針葉樹

針葉樹は軽く柔らかいのが特徴です。

火が付きやすく一気に燃え上がりますが、燃え尽きるのも早いことが特徴です。

ソロキャンパー達が焚き火をする際に作っている「フェザースティック」も針葉樹が使われている事が多いです。

  • 広葉樹

広葉樹は重く硬いのが特徴です。

火がつきにくいのですが、一度つくと火が長持ちするのも特徴です。

広葉樹に火がついてやっと、ゆっくりした焚き火時間になります。

アイテム6:火消壺

意外とソロキャンパーで持っていない人が多いのが火消壺です。

火消壺を持っているだけで、残り火を心配する事なく寝たい時に寝る事ができますよ。

火消壺とは、名の通り火のついた薪をいれて火を消すための道具になります。

実際、ソロキャンプで寝たいのに火が完全に消えていない為、寝る事ができない。

という事は普通にあります。

また、眠たさに耐える事ができずに、火が消え切らないうちに寝ようとしても、風でテントが揺れるたびに、火は大丈夫かなぁ?

となりのテントに飛んでないかなぁ?

と火の事が気になってゆっくり眠る事ができません。

ゆっくりした睡眠や、周りのキャンパーに迷惑をかけない為にも火消壺は重要アイテムです。

※下記の記事では、火消し壺の100均代用アイテムを紹介していますので、ぜひ一緒にご覧ください。

火消し壺の代用は?100均ダイソーのオイルポットが有効って知ってた?
キャンプの夜に炭や薪の火が残っていて眠たいのに寝る事ができない・・・ このような経験はありませんか?? 実際、ソロキャン...

あると便利な焚き火アイテム

 

焚き火アイテムを追加する事で、よりた「焚き火時間」を楽しむ事ができますよ。

 

ここまでは、ソロキャンプにて焚き火初心者が火おこしをするために、最低限必要な道具を紹介してきました。

さらに、火おこしを楽ちんにする便利なアイテム2点をご紹介します。

便利なアイテム1:火吹き棒

火吹き棒は、焚き火の火を起こすときに使うアイテムです。

焚き火をしていると火が弱まる時があります。

そんな時に、火吹き棒で風を送ってあげる事で火を復活させてくれます。

びっくりするくらい焚き火が楽になります。

便利なアイテム2:薪用なた・ナイフ

モーラナイフ

キャンプ場で購入する薪には、火付け用に細く切ってある薪を混ぜてくれています。

ですが、ホームセンターで買う薪は大きくて太い薪がほとんどです。

そんな時、薪用のなたやナイフがあると便利です。

 

芯のある広葉樹はなたでも、なかなか割る事ができないよ。

無理すると、刃が折れたりするので気を付けてね。

 

まとめ:ソロキャンプでの焚き火初心者が必要な持ち物を理解したら早速、焚き火デビューをしよう!!

焚き火_道具_まとめ

この記事では、ソロキャンプで焚き火初心者が本当に必要な持ち物6選を紹介しました。

ソロキャンプでの焚き火時間は魅力がいっぱいです。

揺れる炎を眺めてリラックスするだけで、日々のストレスや疲れが解消されます。

また、キャンプ飯や暖を取ったりなど様々な用途があります。

ぜひ、自分のキャンプスタイルに合った焚き火道具を見つけて、焚き火時間を堪能してください。

タイトルとURLをコピーしました