当サイトでは記事内に広告を含む場合があります。

ワークマンのランドセルリュック価格は1万以下。色や重さは?購入方法はオンライン限定?

ランドセルまでワークマン価格 ライフハック

ランドセルって高価だと思いませんか??

ランドセルの相場って50,000円程になります。

一生に一度のランドセルはお子さんは、めちゃくちゃ楽しみにしているのは理解できます。

だからこそ、ランドセルくらいは入学の記念として、ケチらずに買ってあげたいって気持ちもありますよね。

あわよくば、おじいちゃんやおばあちゃんが、貯金を切り崩して買ってくれるだとうと思ったりも・・・

ですが、実際はランドセルって意外と使わなかったりするんですよね。

夏には、リュック登校になったり・・

高学年になると、お気に入りのリュックで登校したり・・・

卒業時には、新品同様なんて事は普通にありますよね。

しかも、捨てるにもお金がかかるなんてことも・・・

であれば、低価格で高性能のランドセルがあれば欲しくなりませんか??

じつは、2024年6月にネット限定販売で、ワークマンからランドセルが発売になります。

もちろん価格はワークマン価格です。

ワークマンのランドセルは、低価格でワークマンならではの使いやすい機能がいっぱいです。

この記事では、そんなワークマンのランドセル機能から色や重さについてお伝えします。

価格も安く、リュックでもなく、ゴリゴリのランドセルでもない「ワークマンのランドセル」が実は最適なのでは?と思えてきます。

しん
しん

これだけはお願い!!

ランドセルを選ぶ際は、必ずお子様と相談して!!

本当にいやなものを数年使い続けるのは本当につらい。

みんなと同じものを使いたいって気持ちも子供ならではなんだよね。

ワークマンのランドセルリュック価格は1万以下。

2024年6月よりネット限定販売をする「ワークマンのランドセル」ですが、ワークマンならではの機能をもちながら、ワークマン価格が反映されているのが魅力です。

その品名と価格は、下記になります。

「ES スチューデントデイパック」 8,800円(税込み)

しん
しん

ワークマン!! どれだけ家計にやさしいんだ!!

一般的なランドセルの平均価格は約50,000円との事ですので、8,800円ってあまりにも安すぎますよね。

となると、下記のようなことが気になってきますよね。

「そんなに安くて大丈夫??すぐ破けたりするのでは??」

そんな心配も吹き飛ぶ、特徴をご紹介しますね。

ワークマンのランドセルの特徴は?色や重さは?

ワークマンのランドセルは6月販売時点では色はブラックのみを予定しています。

重さを含めた特徴は、下記でお伝えしますが、従来のランドセルというよりは、もはやザックに近い機能を備えているところが最大の特徴です。

しん
しん

もはや、大人用といっても過言ではないよ。

高い強度と耐久性で長持ち

防弾チョッキにも使用されてるほどに高い強度と耐久性がある「バリスティックナイロン」という生地を採用しています。

また、ファスナーは安心のYKKのタフファスナーを採用しています。

■バリスティックナイロンとは

アメリカの化学会社が開発したナイロン素材です。

通常のナイロンと比べて5倍以上の強度をもっていて引き裂き強度に優れています。

実際、防弾チョッキにも使用されている素材っていうのが驚きですよね。

背負った時の体の負担が少ない仕組み

背面部分内部にはアルミ製の細いプレートが入っているので、背中全体で背負うので体への負担が少ないのも特徴です。

しん
しん

これって、登山用のザックと同じ発想なんだよね。

ランドセル自体の重さは、1,300なります。

一般的な本革のランドセルと比べて100gほど軽量になっています。

まあ、この背面部分の仕組みで背負った時の、重さを感じる負担が少ないのはわかりますよね。

雨の日にも対応できるカバー内蔵

ワークマンのランドセルは底面に防水カバーが内蔵されています。

ランドセル全体と、防水カバーには反射材を使用していてるのも特徴です。

しん
しん

それてもう、ザックやん!!

使いやすいに決まってるやん。

ワークマンのランドセルの購入方法は?

ワークマンのランドセルは購入方法は下記になります。

公式オンラインストアで注文 ⇒ 店舗受け取り

まとめ

この記事では、ワークマンのランドセルの価格から性能までをお伝えしました。

2024年6月に8,800円という安さで、オンライン限定発売となります。

ランドセルといえば50,000円以上する商品がほとんどですよね。

正直、決して安い買い物ではありません。

ですが、中学年くらいでサイズが合わなくなったり、壊してしまったり。

そして、高学年では使わなくなったりとランドセルを持て余す事もあります。

そんな時、ワークマンのランドセルは安くて丈夫なので、家計には優しいのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました