当サイトでは記事内に広告を含む場合があります。

仙台七夕花火祭2024有料席はいや!青葉区無料スポットはどこ?今年の打ち上げ場所は?

仙台七夕花火祭2024有料席はいや!無料で見るならどこ?今年の打ち上げ場所は? イベント

日本三大祭りのひとつである『仙台七夕花火祭2024』の有料席ってお高いと思いませんか?

1人で『仙台七夕花火祭2024』に行くのならいいけど、恋人や家族と行くとなると出費がいたいですよね。

『仙台七夕花火祭2024』は仙台市中心部で打ち上げられる為、会社帰りなど気楽に花火を見る事ができる反面、アクセスも良いことから混雑は避けられない状態となります。

会場周辺には多くの有料観覧エリアと無料観覧エリアが用意されていますので、事前に準備をしてしっかり花火を見たい方も安心です。

ですが、花火をみるのにそんなにお金をかけたくない方、かけれない方、それほど混雑もしていない場所で気楽に花火を見たい方は、やっぱり無料で花火が見える穴場スポットが気になりますよね。

そんな方に向けて、この記事では『仙台七夕花火祭2024』青葉区の無料スポットをご紹介します。

また、今年の打ち上げ場所についてもご紹介します。

急に時間に余裕ができて、花火を見に行く事になった際などの参考になればと思います。

仙台七夕花火祭2024有料席はいや!青葉区無料スポットはどこ?

仙台七夕花火祭2024はメイン会場となる西公園付近一帯はかなりの混雑が予想されます。

そこで、メイン会場以外で無料で花火を楽しめる穴場スポットをご紹介します。

青葉城址:しっかり見るならここ!

青葉城址は花火会場に近いのに、無料でゆったりと花火を楽しむ事ができるスポットです。

山の上から花火を見る事になるので花火の全体を見る事ができます。

ですが、若干穴場とは呼べないほどの込み具合になります。

場所も山の上になるので、車で行く事になりますが、普通車150台・大型車30台と就社台数に限りがありますので、穴場とはいえ早めに向かう事をおすすめします。

仙台城中門跡付近:立ち止まって見る感じ

青葉城址から降りてくる途中に、しっかり花火が見えるポイントがあります。

坂の途中の為、もちろん混みあってはいませんが座る場所はありません。

歩きながら立ち止まって見る事になります。

澱橋:打ち上げ場所から若干距離がある穴場

花火が打ち上げられる西公園付近からは若干距離はありますが、人込みを避けて無料で花火を見れる場所が「澱橋」です。

橋の上からはもちろん、河川敷に降りても見る事ができるのでレジャーシートを引いてゆっくり花火を見る事ができます。

ですが、やはり花火の下の方は見る事ができないようです。

片平公園:花火の下はみえないが混雑していません

https://map.yahoo.co.jp/v2/place/FjMkuQdXNS-/review?from_srv=loco_web

片平公園は人も少なく、ゆったり見る事ができるスポットになります。

ですが、花火の下の方は見る事ができません。

宮城県庁展望台:穴場スポットではないので注意!!

宮城県庁展望台が穴場スポットだという情報もありますが、宮城県庁は土日は休業となります。

もしかしたら、仙台七夕花火祭の日だけ展望台を開放する可能性はあるかもですが、事前に確認は必要です。

宮城県庁展望台ありきで予定するのは注意が必要です。

仙台七夕花火祭2024今年の打ち上げ場所は?

では、2024年の今年は打ち上げ場所はどこになるのでしょうか?

2024年5月時点では正式発表はされていません。

ちなみに、2023年の仙台七夕花火祭の打ち上げ場所は『東北大学川内キャンパス内のメタセコイア並木辺り』でしたので、有料エリア・無料エリアはそれぞれ下記でした。

■有料エリア
  • 青葉山交流広場
  • 東北大学グラウンド
  • 青葉の風テラス
  • 国際センター駅エントランス広場
無料エリア
  • 宮城県美術館
  • 二高グラウンド
  • 中ノ瀬グラウンド
  • お花見広場
  • 大町公園
  • 川内追廻

今年2024年の打ち上げ場所は発表になっていませんが、打ち上げ場所次第で穴場スポットも変わってきますので、情報が入り次第更新していきます。

まとめ

この記事では、仙台七夕花火祭2024の青葉区無料穴場スポットと、今年の打ち上げ場所についてお伝えしました。

仙台七夕花火祭は約50万人の来場がある東北屈指の花火大会です。

仙台市の中心部で花火が上がるという事もあり、混雑は避ける事ができません。

そんな時、穴場スポットでゆっくり花火を見てみるのも一つの選択肢です。

ですが、打ち上げ場所から距離があると霧でまったく花火が見る事ができないというSNSのポストも目立ちます。

確実に花火を見たい方は、混雑を覚悟して有料観覧エリアと無料観覧エリアを検討した方が良いかもしれませんね。

穴場スポットを検討している方は、しっかり事前に天候(霧情報)を確かめて向かう事で「いい花火だったなぁ」と思えるように祈っています。

タイトルとURLをコピーしました